SEIBUプリンセスラビッツ

チームプロフィール

1974年に「国土計画女子アイスホッケークラブ」として発足。

発足後3年間は、伊勢丹女子チーム、満大メモリアルクラブとの定期戦を行う。

その後5年間は地方連盟の協力を得て全国規模の大会を行う。

1982年よりスタートした全日本女子アイスホッケー選手権大会には第1回より参戦し、第3回大会で初優勝を遂げる。

2007年には15年ぶり7度目の優勝を達成、2008年、2009年と3年連続優勝を成し遂げる。

2013年の第32回大会までに通算優勝10回、準優勝12回を記録する。

1992年に「コクドレディースアイスホッケークラブ」に改名。

2005年に現在の「SEIBUプリンセスラビッツ」に名称変更。

現在所属選手は20名。高校3年生から社会人まで幅広い年齢層で構成されている。

チーム方針

アイスホッケー普及のため、女子アイスホッケーの競技スポーツとしての強化のため、そして健全な学生・社会人を育成するために厳しく妥協を許さず活動を行っている。

低年齢化する女子アイスホッケー界の中で幅広い年齢層で構成されているチームは、様々なギャップを乗り越えて一丸となり通算10度目の優勝を目指している。

活動拠点

東伏見(東京都西東京市)

インフォメーション

氷上練習、練習試合、大会の見学、ご観戦はFreeです。

ご興味のある方は是非リンクにいらしてください。

練習参加希望の方、お問い合わせ、選手・スタッフへのメッセージなどはこちらへ。

LinkIconinfo@princessrabbits.com

PHOTO